鼻の下 処理 時期

鼻の下のムダ毛処理の時期|いつから処理してあげればいいの?

親も気になる子供の鼻の下の毛の処理

子供.鼻の下

 

これはYAHOO知恵袋での抜粋です。ほんの一部ですが、たくさんの親御さんが子供のヒゲについて悩んでいるのが分かります。
親が気にしていても、本人が気にしていないならば問題ありませんが、小学生にもなれば周囲の友だちからも指摘され、子供も気になり始めます。

 

女の子でもヒゲが濃い原因は、遺伝に関係しています。子供がヒゲが濃いと、そのお母さんやお父さんも毛深い場合が多く、自分自身が経験しているからこそ、ご自身の子供の辛さも分かるのでしょう。

 

子供が、ひげが気になりだしたのであれば、その時が処理をしてあげるタイミングです。

 

決して、まだ早いなどと考えないでください。本人は親や周囲の人間が思う以上に、ヒゲについて悩んでいるのですから。
口周りの毛が濃い。鼻の下の毛が光に反射する。それが原因で、周囲からの心ない言葉を受けたり、いじめにでも遭えば、心に深く残る傷は重大です。

 

肌への影響を考えた処理方法で、正しく処理してあげれば、肌を痛めることもありませんし、子供が悩むこともなくなるのです。

 

脱毛は中学生以降が好ましい

体毛はそれぞれの役割があって生えています。体温を調節したり、外敵から守ったり・・といろんな役割があるのです。
それを、抜くことは好ましくはありません。ただし、子供が苦痛になっているムダ毛をいつまでもそのままにしておくのは精神衛生上よくないことも確かです。

 

永久脱毛をすれば毛は生えてこないと思っている方が多くいますが、子供はホルモンバランスが安定していないので、永久脱毛をしたところで、いつまでも毛は生えてきます。

 

脱毛エステや脱毛クリニックでのムダ毛処理を考慮されている場合は、ホルモンバランスは安定する中学生以降が有効です。

 

 

幼児や小学生にも適した有効な処理方法は?

小学生にもなると、鼻の下の毛が濃い子供は気にし始めます。友だちから、指摘されて気にすることも多くなるのもこの頃です。
幼稚園でも気になっている子供もいますし、そういった場合は早い時期で処理できる方法が、必要になってきます。

 

  • 肌への負担がなく優しい
  • 子供への精神的な負担が少ない
  • 簡単手軽に出来る

 

上記は幼い子供のムダ毛処理には必要になる項目です。
その中でもやはり重要なのは、

 

肌への負担がなく優しい

 

ことです。肌が大人の1/2の薄さしかない子供には、絶対に注意しないといけません。

 

脱毛は、無理やり毛根から抜いたり肌を刺激してトラブルを起こすために、幼い子供にはリスクが大きすぎます。子供には脱毛ではなく、抑毛効果で徐々に時間をかけて鼻の下の毛を薄くしていくべきです。

 

また、ムダ毛処理が痛かったりするとストレスにもなります。
痛みもなく、自宅で手軽に出来る方法であることも、子供には大事なポイントでしょう。

 

肌に負担さえかけなければ、幼児期からも抑毛を開始することが出来ますし、幼稚園などの早い段階でヒゲを気にする子供さんにも、ストレスなく処理してあげる事ができます。

 

>>幼児期から始めることの出来る優しい抑毛方法はこちら<<


このページの先頭へ戻る